menu

loading...

待って、覚えて、行動する!

 最近、海響館では「Wait & Go(ウェイトアンドゴー)」と呼ばれるトレーニングを始めたのでご紹介します。普段は、「トレーナーから合図が出たらすぐに行動する」のが基本なのですが、「Wait & Go」のトレーニングでは、一旦トレーナーの合図を記憶して、”Go”の合図が出たら先に出された合図の行動を実行するというものです。トレーナーは、”待って(Wait)“の合図⇒”覚えてもらう行動”の合図⇒”実行(Go)”の合図を出すことになります。

文章ではわかりにくので、動画を使ってご説明します。

お分かりいただけましたか?通常だと合図に素早く反応し行動に移しますが、「Wait & Go」は待つ→覚える→行動するという全く違う手順を踏みます。

私たちは動物たちにとって退屈な日々にならないように、常に新しいことを導入し、楽しみを感じてもらえるように意識して接しています。今回の「Wait & Go」も動物たちにとっては”合図に反応しないこと”と”一時的に記憶すること“というこれまでにない考えが必要になり、きっと「んっ、何だかいつもと違う」「なるほど、新しくこんなことを求めているんだな」と思ってくれていると思います。今後は、記憶する合図の数を増やしたり、実行(Go)の合図を出すまでの時間(記憶する時間)を伸ばしたり、まだまだ色々な事が可能となります。果たして動物たちはどれくらい量を記憶することができ、どのくらい長い時間覚えることができるのか、など動物たちの可能性と今後の「Wait & Go」の発展が楽しみですね。

海獣展示課

墨 則和

PAGETOP