学習

下関市立しものせき水族館「海響館」では、生き物や自然環境について学習できる場所としてもご利用いただいています。
水族館には、実際に生きている生き物から感じとれることがたくさんあります。生きている生き物を見るということは、図鑑や映像で見るのとは違い、生き物の動きや命の息吹を感じることができるでしょう。
また、飼育員の体験をもとに解説やイベントを実施し、生き物について「楽しく」「面白く」そして「学習」できるような場所としてご利用いただいています。
特にオープンラボでは、年間スケジュールのテーマに沿って海の謎や生き物たちのしくみについて楽しく学ぶことができます。どうぞお立ち寄りください。
学習

オープンラボ

毎回テーマに沿って海の謎や生きものたちのしくみについて楽しく学ぶことができます。あなたもオープンラボで海の不思議にふれてみませんか?
詳細はこちら

出前講座

下関市には生涯学習まちづくり「出前講座」があります。この出前講座は市民の皆様に市政に関する理解を深めていただき、学習機会の充実および意識啓発を図ることを目的としています。
海響館では、飼育展示生物に関するテーマを設け、飼育スタッフが出向き、クイズなどを用いて楽しく学んでいただけるように解説しています。
実施内容の詳細、お申し込みについては、下関市生涯学習プラザ「生涯学習まちづくり出前講座」にてご確認ください。
出前講座
出前講座
出前講座

ワークシート

海響館では、海響館にいる生き物をじっくりと観察するのに役に立つワークシートを用意しております。現在ワークシートには4つのプログラムがあります。「さかなのかたち」ではマイワシやマンボウなどの魚の形や泳ぎ方について観察し、「サンゴの海の生き物たち」ではホンソメワケベラ、クマノミ、サンゴ類などについて、「ペンギン村を探れ!!」ではペンギンの体について観察します。「もっとなぜ?なに!」ではトラフグを始めアザラシやスナメリなど10種類以上の生き物について観察します。 ワークシートを通して、海の生き物についてもっと知っていただけるよう工夫しています。ワークシートのプログラムはPDFファイルでのダウンロードが可能です。実施内容の詳細については、海響館までお問い合わせください。