フグ科

ミゾレフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron meleagris
英名:Guineafowl puffer

小笠原諸島、琉球列島以南、インド、太平洋の熱帯域および、東部太平洋に分布しています。水深50m以浅の海に生息しています。体長は最大で約50cmに成長します。雑食性で海藻類、海綿類、甲殻類、貝類などいろいろなものを食べます。色彩の変化に富み、黒色地に多数の小白色点が散在する個体が多く観察されていますが、黄色地に斑模様の個体が観察されることもあります。

ケショウフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron mappa
英名:Map puffer

紀伊半島以南、インド、西太平洋の熱帯域に分布しています。河口域のマングローブ林にも入ることがあります。水深50m以浅の海に生息しています。体長は最大で約60cmに成長します。体表の色彩は変化に富みますが、目の周りにはこの種の特徴である放射状模様があります。

スジモヨウフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron manilensis
英名:Narrow-lined puffer

琉球列島以南から西太平洋のサンゴ礁域に生息しています。海だけでなく、汽水域にもいることがあります。白地に縦じまが多数入っていることが特徴です。体長は30cm程になる中型のフグです。すごく臆病で、すぐに物陰に隠れてしまいます。

カスミフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron immaculatus
英名:Immaculate puffer

琉球列島以南、インド、西太平洋の熱帯域に分布しています。水深30m以浅の海に生息しています。体長は最大で約30cmに成長します。サンゴ礁域の砂地の多い環境や河口部のマングローブ域でも観察されています。

ホシフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron firmamentum
英名:Starry toado

本州中部以南に分布しています。名前の由来は、体にある多数の白色点が星のようにみえることからきています。有毒種で食用が禁止されています。全長45cm程度に成長します。稀に定置網や巻網で大量に漁獲されることがあります。フグ科ではもっとも深い場所で生息するといわれており、水深400m付近での採捕記録があります。

マスクドパファー

フグ目フグ科
学名:Arothron diadematus
英名:Masked puffer

インド洋、紅海にすんでいます。全長30㎝程度にまで成長します。名前の通り、まるで仮面をつけたような白黒のバンド模様があるのが特徴です。ちょろちょろとは泳ぎ回らず、じっとしている事が多いのですが、同種同士でとてもケンカすることがみられます。

アラレフグ

フグ目フグ科
学名:Arothron caeruleopunctatus
英名:Blue-spotted puffer

全長80cmほどになる大型のフグで、目の周りの同心円状の模様と、青色の斑点模様が特徴です。五島列島からインド、西太平洋域の岩礁域およびサンゴ礁域に分布しています。 毒性は不明です。