フグ科

シマフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu xanthopterus
英名:Yellow fin puffer

本州中部以南の日本、東シナ海、黄海に分布し、水深200m以浅に生息しています。黄色の鰭と縞模様が特徴で、全長50cm程度に成長します。筋肉、精巣、皮は無毒で、内臓は有毒とされています。産卵期は初夏で、甲殻類、イカ類、クモヒトデ類、魚類を食べます。下関周辺ではフグはえ縄で漁獲されています。綺麗な模様がありますが性格は荒く、他のフグ類との相性は非常に悪い種類です。

ナシフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu vermicularis
英名:Purple puffer

瀬戸内海、九州西岸、黄海~東シナ海などにすんでいます。 コモンフグやショウサイフグとよく似ている種類で、これらのフグを「ナゴヤフグ」と呼ぶ地域もあります。ナシフグは、胸ビレの上のほうに菊の花のような暗色の斑紋があるので、そこで見分けることができます。

ゴマフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu stictonotus
英名:Bluebacked puffer

北海道南部から東シナ海にかけて分布しています。青みがかった背部に黒色の小斑点が特徴で、ゴマをふったような模様に見えることが名前の由来となっています。全長40cm度に成長します。筋肉と精巣は無毒で、内臓と皮は有毒とされています。産卵期は初夏で、下関周辺ではフグはえ縄や定置網で漁獲されます。

ショウサイフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu snyderi

岩手県以南の日本沿岸、東シナ海に分布しています。背部には褐色の斑紋が散在しています。コモンフグに似ていますが、体に小棘がないことから区別できます。全長30cm度に成長します。筋肉は弱毒で、精巣は無毒、皮と内臓は有毒とされています。産卵期の初夏に下関周辺で潜ると、砂の中に潜った産卵間近なショウサイフグをみることができます。別名「ナゴヤフグ」とも呼ばれており、てんぷらやから揚げ、一夜干しなどに加工されています。

トラフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu rubripes
英名:Japanese pufferfish

室蘭以南の太平洋側、日本海、黄海、そして東シナ海に分布しています。最大80cm程度にまで成長します。甲殻類、貝類、ヒトデや小魚などを食べます。砂に潜る行動がよく知られていますが、それは外敵から身を守るためや休憩、眠る時といわれています。海響館でも砂に潜る瞬間を度々観察する事ができます。

マフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu porphyreus
英名:Finepatterned puffer

北海道以南の日本、東シナ海に分布し、水深200m以浅に生息しています。胸ビレ後方に大きな黒色斑が特徴で、幼魚は斑点模様が背部にみられますが、成長するにつれて模様がなくなり全長45cm程度になります。筋肉、精巣は無毒で、皮と内臓は有毒とされています。産卵期は春で、甲殻類、イカ類、貝類、魚類を食べます。山口県萩市ではたくさんのマフグが水揚げされ、トラフグに次ぐ有名なフグとなっています。

コモンフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu poecilonotus
英名:Finepatterned puffer

北海道以南の日本沿岸、朝鮮半島に分布しています。背部には不規則な淡色の斑紋が散在し、体には小棘があり触るとざらざらします。全長20cm度に成長します。筋肉は弱毒で、精巣、皮及び内臓は有毒とされています。産卵期は春で、甲殻類、ウニ類、ヒトデ類、イカ類、小型魚類を食べます。初夏に下関周辺の藻場を潜ると、生まれて間もない小さなコモンフグを観察することができます。

ヒガンフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu pardalis
英名:Panther puffer

北海道以南の日本沿岸、東シナ海、黄海に分布しています。背部には黒色の斑紋が散在し、皮膚の表面にはイボ状の突起があります。全長25cm程度に成長します。筋肉は無毒で、精巣、皮及び内臓は有毒とされています。産卵期は春で、甲殻類、イカ類、小型魚類を食べます。別名「アカメフグ」とも呼ばれており、てんぷらやから揚げなどに加工されています。

メガネフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu ocellatus
英名:Peacock puffer

中国に分布しています。胸ビレ上部と背ビレの付け根に、それぞれ鮮明な黄色で縁取られた黒斑があるのが特徴で、この胸ビレの方の模様がメガネ模様に見えることが名前の由来です。全長20cm程に成長します。汽水域で生活しますが、成長すると海水域へ移動していきます。甲殻類やゴカイなどを食べ、砂に潜る習性を持ちます。

メフグ

フグ目フグ科
学名:Takifugu obscurus
英名:Obscure pufferfish

東シナ海、南シナ海にすんでいます。中国や朝鮮半島の河川でもみられます。主に海水で生活しており、成長し繁殖時期を迎えると河川へ上っていくため、海水と淡水両方での飼育が可能です。食用としては日本ではあまり馴染みがありませんが、韓国では美味なフグとして食べられています。