ハコフグ科

ラクダハコフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Tetrosomus gibbosus
英名:Humpback turretfish

南日本、インド、西太平洋域の浅い砂地に生息しています。正面から見ると三角形をしているハコフグです。目の上にある1本のトゲと、背中のトゲも特徴です。かなりの食いしん坊で、我先にと餌を食べています。

ハマフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Tetrosomus concatenatus
英名:Triangular boxfish

正面から見ると三角形に見えるハコフグの仲間で、北海道から、鹿児島県までの太平洋沿岸に幅広く分布しており、山口県でも捕獲された記録があります。ラクダハコフグとよく似ていますが、眼の上に棘が1本あればラクダハコフグ、2本あるのがハマフグと見分ける事が出来ます。

ホイットレイズボックスフィッシュ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion whitleyi
英名:Whitley’s boxfish

東太平洋の熱帯域に分布しています。水深30m以浅の海に生息しています。体長は最大で約15cmに成長します。

レティキュレイトボックスフィッシュ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion solorensis
英名:Reticulate boxfish

西部太平洋に分布しています。体長12cmほどになります。名前の意味は「迷路状の箱魚」です。その名の通り、白黒の迷路のような複雑な模様をしています。

テングハコフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion rhinorhynchus
英名:Horn-nosed boxfish

伊豆半島以南の南日本からインド、西太平洋の熱帯域に分布しています。水深50m以浅の海に生息しています。体長は最大で約40cmに成長します。体表に粘液毒を持っています。和名の由来は両目の間に天狗のような突起があることからつけられたようです。

クロハコフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion meleagris
英名:Whitespotted boxfish

インド、西部太平洋に分布しているハコフグの仲間です。メスは和名の通り、黒い体をしています。また、全身に白い斑点があることから、英名ではホワイトスポットボックスフィッシュと呼ばれています。しかし、オスのクロハコフグは、背中が黄色地で、白い斑点があり、そのほかの部分は濃い青地に黄色い斑点があるといったとても派手は体色をしています。メスとオスとを比べても全く違う魚にみえてきます。

ハコフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion immaculatus
英名:Bluespotted boxfish

岩手県から九州南部の沿岸、台湾に分布しています。体は甲板でできた箱に覆われ、ウロコの形は六角形をしています。全長30cm度に成長します。筋肉や内臓は無毒ですが、刺激をうけると皮膚から粘液毒「パフトキシン」をだし、身を守っていると考えられています。甲殻類、ゴカイ類、貝類を食べます。長崎県の五島列島では、内臓を取り出したハコフグにねぎ味噌をつめて焼く料理があり、食用として利用されています。ただ稀にパリトキシンという猛毒を持つ個体もおり、中毒の報告もあるので注意が必要です。

ミナミハコフグ

フグ目ハコフグ科
学名:Ostracion cubicus
英名:Yellow boxfish

房総半島以南、インド、西太平洋の熱帯域に分布しています。水深50m以浅の海に生息しています。体長は最大で約40cmに成長します。体表に粘液毒を持っています。小型の甲殻類、ゴカイ類、貝類などを食べます。幼魚と成魚で体色が大きく変化します。幼魚では、黄色地に黒色斑点が散在する鮮やかな色をしています。成魚では、茶色地に白色斑点があり、その周囲に微小な黒色斑点があります。

シマウミスズメ

フグ目ハコフグ科
学名:Lactoria diaphana
英名:Thornback cowfish

伊インド洋や西大西洋、日本では伊豆半島など、暖かい海にすんでいます。サンゴ礁より岩礁でよくみられます。体の形は五角形で、中央に鋭い棘が一つあります。体表に粘液毒をもっています。

ウミスズメ

フグ目ハコフグ科
学名:Lactoria diaphana
英名:Roundbelly cowfish

伊豆半島以南、インド洋、太平洋の暖かい海の水深50m以浅にすんでいます。体の横断面は五角形で、頭に二つ、尾ヒレの付け根に二つ、背中の中央に一つの鋭い突起物があります。若魚の体は丸く、半透明です。成魚になると体は平らになり、色は茶色っぽくなっていきます。皮膚に粘液毒を持ちます。