ボランティア

ボランティア
解説ボランティア「あくあは~つ」は、海響館をより楽しんでいただくため、生き物の解説や海響館のご案内、そして楽しく水槽を見るアドバイスを行っています。

主な活動内容

解説活動

水槽前での生き物の解説や館内のご案内をします。ボランティア1人1人個性豊かな解説が見どころです!

飼育補助

インドホシガメの飼育補助です。エサやり、温浴、部屋の掃除などを行います。(※このインドホシガメは、2003年に成田空港でワシントン条約違反により緊急保護されたものです。)また、水槽の陸上部に水辺の植物を展示しています。 ※展示水槽の生き物の飼育補助ではありません。

読み聞かせ

月に1~2回、1階のキッズコーナーで海の生き物が登場する絵本の読み聞かせを行っています。海響館オリジナルの巨大絵本が登場することもありますよ!

紙芝居と季節のイベント

1階のキッズコーナーで紙芝居を行っています。また季節ごとに子供の日の鯉のぼり作りや七夕の飾り作りなどのイベントもやっています!

キッズフェスタ

年1回、解説ボランティアが中心に行う1日限りの大イベントです!お子様向けのイベントで、海の生き物が好きになれるような楽しいイベントです。

研修活動

楽会(がっかい)

毎月20日にボランティアの皆さんで、生き物について一緒に学ぶ楽しい会です。

おさかな講座

毎月行っている定例会に合わせて、水族館の新着生き物等の解説を水槽の前で海響館スタッフより学びます。

水族館おもしろ話

毎月行っている定例会に合わせて、海響館のスタッフがいろいろなテーマでお話をします。ここでしか学べない貴重な話ばかりです!

研修会

毎年他の施設のボランティア活動を学びに行きます。他施設のボランティアさんと交流をすることで、解説活動をより学べる機会となっています。

解説ボランティアに参加しませんか!

海響館解説ボランティアに参加してみたいと思っている方へ 例年8月頃に募集をしています(募集を行わない年もあります)。生き物に興味があれば、知識が無くても大丈夫!先輩ボランティアが1から教えてくれます。是非、「あくあは~つ」の一員になりましょう! ※詳しい募集要項はその都度、HPにアップします。

ボランティア新人研修について

海響館のボランティアに新規登録しましたら、まず研修を行います。新人研修の内容は、海響館の生い立ちや歴史、水槽の内容、館内マップ、お客様との接し方、立ち居振る舞いなどです。また、先輩ボランティアからの生き物研修もあります。月に1度、半年かけて海響館の主要水槽と生き物の勉強を行います。

ホエールボランティア

海響館ホエールボランティアは、下関市を中心とした山口県及び北九州市沿岸域において、スナメリをはじめとする鯨類に関する様々な情報収集や調査を行い、彼らの生態の解明に寄与すると共に、普及啓発を行うことを目的としています。このような活動を通じて、多くの人に鯨類と人との共存、地球環境の保護について考えるきっかけができれば良いと考えています。
※ホエールボランティアは登録制です。申し込みは随時行っておりますので、興味のある方は「ホエールボランティア担当者」宛までご連絡ください。

主な活動内容

ストランディング対応補助

ストランディング対応補助

イルカやクジラなどが、浅瀬や陸地に乗り上げて身動きがとれなくなってしまった場合に対応します。

スナメリ船舶目視調査

スナメリ船舶目視調査
船に乗り、海でスナメリの調査を行います。

スナメリ観察会

スナメリ観察会
海岸からスナメリの観察を行います。 ※下関では海岸からもスナメリの姿を見ることができます。

シロナガスクジラ骨格標本すす払い

シロナガスクジラ骨格標本すす払い
年末恒例の行事で、海響館に展示しているシロナガスクジラ骨格標本の掃除を行います。

勉強会

勉強会
鯨の体についてや、ストランディングの対応などさまざまな勉強会を行います。