亜南極に生きるペンギン

亜南極に生きるペンギン
水量約700t、最大水深6mを誇る世界最大級のペンギンプールで、水槽内の水温は約10度、気温は約13度です。フォークランド諸島に代表される「亜南極圏」の環境を再現し、ジェンツーペンギンをはじめ、キングペンギン、イワトビペンギン、マカロニペンギンの4種を飼育展示しています。陸上部分をご覧いただきながら水中部分へと順路が続いており、ペンギン達の陸上での暮らしぶり、そして水中を飛ぶように泳ぐ躍動感など、ペンギン本来の生き様がご覧いただけます。
 一方、ペンギンに混じって、空を飛ぶ海鳥「インカアジサシ」も暮らしています。彼らの主な餌は小魚です。ここでは、同じ魚を餌にする飛翔性の鳥類「アジサシ」と空を飛ぶことをやめて水中を飛ぶことを選んだ鳥類「ペンギン」の違いも見比べてみてください。