スタッフの視点

今日の推しフグ プリックリートードフィッシュ
   目と同じくらいの大きな斑紋が体にあります。ぼてっとした印象の体型をしています。オーストラリア南部の海草などが生えている環境で見ることができます。 (展示水槽:いろいろな形のフグ水槽)
2021年07月08日
詳細はこちら
選挙広報🐡
フグの魅力がたっぷり詰まったフグの総選挙開幕まであと3日!フグたちの選挙ポスターも完成しましたよ~😁 是非投票しにきてね! (PHOTO by K.Ogimoto)
2021年07月07日
詳細はこちら
今日の推しフグ ギマ
  変わった形をしていますが、フグの仲間です。山口県の瀬戸内海でも漁獲されますが、群れで網に入ると、粘液をたくさん出すので、漁師さんに嫌われています。千葉県以南の南日本、インド洋、西部太平洋の沿岸に分布していま […]
2021年07月07日
詳細はこちら
今日の推しフグ スポッテッドトビー
   学名はCanthigaster solandryです。以前はこの学名の種にアラレキンチャクフグという標準和名がつけられていましたが、その後訂正され、標準和名がなくなりました。海響館でもアラレキンチャクフグ […]
2021年07月06日
詳細はこちら
今日の推しフグ レオパードシャープノーズパファー
 種名のとおり、体にヒョウ柄の模様があります。同じキンチャクフグの仲間の中でも、吻が長い種で、臆病な印象があります。水槽内でもよく隠れており、なかなか出てきません。見つけることができるかな? (展示水槽:小さなフグ水槽)
2021年07月05日
詳細はこちら
ダブルフグバーガー?
 つい先日、あたたかい海のフグ水槽でサザナミフグバーガーを発見したことをお伝えしましたが、別の日に水槽を覗いてみると…今度はダブルフグバーガーが出来上がっていました!今回はハリセンボンとサザナミフグが一緒に擬サンゴに挟ま […]
2021年07月04日
詳細はこちら
今日の推しフグ ウエスタンスムースボックスフィッシュ
 岩礁域や海草があるところでも見ることができます。成熟したオスは青みがかった体色ですが、メスは全く違う体色で、白から黄色の体色に暗い色の斑点がたくさんあります。 (展示水槽:冷たい海のフグ水槽)
2021年07月04日
詳細はこちら
今日の推しフグ イトヒキオキハギ
2004年に新種として記載されました。よく似た種類のオキハギとは、尾ビレの両端が伸びていること、頬の部分に溝があることなどで見分けることができます。 (展示水槽:暖かい海のフグ水槽)
2021年07月03日
詳細はこちら
今日の推しフグ サザーングローブフィッシュ
  ハリセンボンによく似ていますが、ハリセンボンとは違い、黄色い棘が特徴的です。体型もハリセンボンに比べるとちょっとまん丸な印象があります。日本にはすんでおらず、オーストラリア南部の冷たい海にすんでいます。 ( […]
2021年07月02日
詳細はこちら
今日の推しフグ ダーウィントードフィッシュ
   体は緑がかった金色をしており、ずんぐりした体つきをしています。そんな姿が海響館の一部の展示スタッフには人気があります。 (展示水槽:いろいろな形のフグ)
2021年07月01日
詳細はこちら