スタッフの視点

組体操!
 普段は砂に潜ったり、ゆったりと泳いだりしているトラフグが組体操に挑戦!「どうだっ!」と言わんばかりに目を輝かせる上のトラフグに対して、下のトラフグたちは「やれやれ…。」といったようなご様子。 (PHOTO by M.K […]
2015年08月13日
詳細はこちら
細心の注意
 動物たちの口の中に入るエサの管理には細心の注意を払います。 特に夏の時期は注意が必要で、エサが溶けすぎないように氷を入れたりとさらに目を光らせます。 (PHOTO by K.Kawamura [2015.8.10])
2015年08月10日
詳細はこちら
ボラの正面顔
 ボラの口は、上顎は大きく開き、下顎は平らになっています。その下顎をちりとりのように上手に使い、砂の中の有機物を食べています。正面から見ると、なんとも愛らしい表情だと思いませんか? (PHOTO by H.Yoshida […]
2015年08月08日
詳細はこちら
オニオコゼが孵化して約2か月が経ちました
 先月、オニオコゼの孵化したての仔魚を紹介いたしましたが、それから約2か月が経ち、すっかり見た目がオニオコゼらしく成長しました。孵化したての頃と姿を見比べながら、なんて魚の成長は早いんだろうと驚くばかりです。2か月にして […]
2015年07月28日
詳細はこちら
すくすくすく
 1階イベントホールで開催中の「奄美の海探検記 ミステリーサークルの謎」で展示している、メヒルギというマングローブの植物です。太陽の光を浴びてすくすく成長中! (PHOTO by K.Tamai [2015.7.21])
2015年07月21日
詳細はこちら
あれから3年・・・
 3年前の7月10日は、現在展示中のマンボウが海響館にやって来た日です。搬入時の体長は約80cmだったのに、今では約130~140cmに成長!マンボウは魚の中でも長期飼育が難しい種類です。これからも元気に過ごせるように一 […]
2015年07月14日
詳細はこちら
ちょっとした休憩
 大好きなおもちゃの上に乗りぷかぷか浮いていたバンドウイルカのダン。ショーの合間になんだか休憩している様子でしたが、だんだん滑り落ちていき…おもちゃが尾びれの下までいってしまいました。それでも浮いたままのダン、よほど気持 […]
2015年07月04日
詳細はこちら
水の上にも
 海響館の水槽の中は、魚、イルカ、サンゴ、エビなどいろいろな生き物がいます。でも水の中だけではありません。水の上にもタマキビガイの仲間がいますよ。探してみて下さいね。 (PHOTO by T.Sonoyama [2015 […]
2015年07月02日
詳細はこちら
オニオコゼが産卵しました!
 先日、2階砂泥底の生き物水槽でオニオコゼの産卵がありました。生まれたばかりの仔魚は透明で、鰭に黒い点模様があります。オニオコゼは高級魚として食べられたりもしますが、黒っぽい地味な色合いや、赤っぽい派手な色など、個体によ […]
2015年06月20日
詳細はこちら
動かざること「石」のごとし。
淡水フグのテトラオドン・バイレイは、エサを食べる時以外は写真のように水槽の底でじっとしています。あまりにも動かないので、よくレイアウトの石と間違われてしまいます。水槽で魚が見当たらないときは、石だと思っていたものが魚かも […]
2015年06月06日
詳細はこちら