スタッフの視点

今日の推しフグ パオスバッティー
  一日の半分以上は砂の中に潜ってじっとしています。しかし、狙った獲物は逃さない!目と口だけ砂の上に出して獲物を待ち構え、獲物を発見すると近づいていき一瞬で食べてしまう獲物ハンターです。獲物ハンターと聞くと少し […]
2021年05月15日
詳細はこちら
穴の外にいる!
   「スミツキアカタチが穴の外にいる!」  急いで写真を撮りました。普段は海底の穴の中から顔を出していることが多い生態をもっているため、来館者からも「いつ穴の外に出るんだろうね・・・」という声を聞くことが多か […]
2021年05月14日
詳細はこちら
今日の推しフグ クサフグ
波打ち際での集団産卵が有名で、山口県光市の産卵地は天然記念物になっています。産卵時期である初夏になると観察会などが行われ、可愛い見た目から愛されている反面、釣り人からは毒がある上に、鋭い歯で糸を切る為、外道の中でも特に嫌 […]
2021年05月14日
詳細はこちら
あざとかわいい!?
 床に伏せているカリフォルニアアシカの「アニー」。上目遣いでトレーナーの私をしっかり見ているこの表情が何とも可愛いですね(実は集中している顔です)!何かをおねだりされているみたいで「きゅんきゅん!」してしまいました。 ( […]
2021年05月14日
詳細はこちら
今日の推しフグ ウスバハギ
 カワハギ、ウマヅラハギに次いで国内で食用に流通するカワハギの仲間。体重の10%にもなることがある肝を身と合わせて叩いた「なめろう」は、スタッフもおすすめの逸品。是非お試しあれ! (展示水槽名:沿岸のフグ水槽)
2021年05月13日
詳細はこちら
今日の推しフグ ミナミハコフグ
 稚魚はハコフグと似ていますが、黒色点は目と同じくらいの大きさでハコフグより大きいのが特徴です。下関ではまれに稚魚が見られますが、もともとは南方種で、下関で成魚を見ることはまずありません。最大で全長40 cmまで大きくな […]
2021年05月12日
詳細はこちら
今日の推しフグ ツマジロモンガラ
  種名のとおり口元や尾ビレが白く縁どられています。また、メスからオスに性転換するのが特徴です。水槽の中にいる個体は他の個体と比べて体の大きさは小さめですが、スイスイと水槽の中を目一杯泳いでくれます。 (展示水 […]
2021年05月11日
詳細はこちら
今日の推しフグ「ビアデッドレザージャケット」
世界一長い和名を持つ魚。和名「ウケグチノホソミオナガノオキナハギ」はこの魚の特徴を五・七・五の俳句に詠ったもの。命名した研究者の愛が感じられるこの和名、解読してみてね! (展示水槽:いろいろな形のフグ水槽)
2021年05月10日
詳細はこちら
黄色+紫
   紫色のフリルは実は二枚貝。黄色いハゼの仲間とのコントラストが美しい! (PHOTO by K. Ogimoto)
2021年05月09日
詳細はこちら
今日の推しフグ パオアベイ
   体に斑点があります。この斑点はオレンジ色に見えることがあるため別名で「レッドスポットパファー」とも呼ばれています。水草の中などの暗い場所が好きで隠れてしまうとあまり出てきません…。 (展示水槽:淡水フグの […]
2021年05月09日
詳細はこちら