スタッフの視点

母の愛!!
アミメハギは、産卵後、メスが卵の世話をします。口で水を吹きかけたり、他の魚を追い払ったりと、母はとっても大忙し!そのことを知ってか知らでか、産卵後1~3日でふ化した稚魚たちは旅立ってしまいます。アマモ水槽を探してみたら、 […]
2018年09月15日
詳細はこちら
後編はサナダムシの世界じゃ~
好評開催中の特別企画展「寄生して生きていく虫の話」の後編が始まりました!前編でダニを紹介していた「ダニの世界」が、9月8日からサナダムシを紹介する「サナダムシの世界」になりました!こちらも是非見に来てくださいね(^^) […]
2018年09月14日
詳細はこちら
なにをしているの?
 海響館生まれのスナメリ「あいす」は、トレーナーがプールの近くを通るとすぐに近付いてきます。水中に箱メガネを入れてみると、「なにをしているの?」とばかりにこちらを覗いてくるので、こんなかわいい顔をじっくり見る事ができます […]
2018年09月09日
詳細はこちら
氷が大好き!
 海響館のイルカたちは氷が大好き!スタッフが氷を持ってくると、私にもちょうだい!とみんなが大集合します。口に入れてあげると、嬉しそうにがりがりと噛み砕いて飲み込みます。  ※氷はイルカたちの遊びや水分補給の意味で与えてい […]
2018年08月25日
詳細はこちら
チョウ+若いペンギン
広場プールでは巣立ったばかりの若いペンギン(亜成鳥)が暮らしています。そんな飼育エリアにチョウが飛んできました。さあ若いペンギンたちはどんな反応をするでしょうか~? (MOVIE by T.Kushimoto)
2018年08月24日
詳細はこちら
足で感じる!?
 これはダニの第一脚にあるハラー氏器官と呼ばれる感覚器官です。獲物を待ち伏せするマダニの仲間は、この感覚器官で温度や二酸化炭素などを感じ獲物が近くにやってきたことを感知します。  ただいま開催中の特別企画展「寄生して生き […]
2018年08月23日
詳細はこちら
綿羽くらべ
 今まで海響館で育ったペンギンのヒナの綿羽を並べてみました。比べてみると種類ごとに結構違うことが分かります。フンボルトペンギンのヒナの綿羽が一番短いのは、暑い地域に住むためなのかな?とも思えます。しかし、同じ亜南極で暮ら […]
2018年08月04日
詳細はこちら
ロープワーク
海響館には水産大学校と共同で開催する「オープンラボ」があります。そこでは海の謎や生き物たちの仕組みについて楽しく学ぶ事ができます。今回、7月16日から23日にかけて開催したロープの結び方では様々な結び方を体験することがで […]
2018年08月02日
詳細はこちら
小さくても、よくみてみて!
 シマキンチャクフグは体長5cmほどの小さなフグですが、よ~く見ると、しま模様やはん点模様が入り乱れ、多彩な色がちりばめられた美しい模様が!小さなフグもじっくり観察して、楽しんでみてくださいね。 (Photo by K. […]
2018年07月30日
詳細はこちら
ナマコにがぶりっ!
 ナンヨウツバメウオがナマコ(アカミシキリ)に興味津々のようで、しばらく見つめた後おもむろにカプッと噛みつきましたが、すぐ吐き出してしまいました。ツバメウオは「これなんだろう?」といった程度だったのかもしれませんね。 ( […]
2018年07月25日
詳細はこちら