海響館チリ調査隊が行く!2016

13. 振り返って

 

 いよいよ日本に帰る時が来ました。滞在期間はおよそ3.5日間という短い期間でしたが、思い返すととても密度の濃い充実した時間を過ごすことができました。

 今回特に大きかった収穫は2つ!

 まずは、メトロポリタン動物園でのフンボルトペンギンの“順調な”飼育状況(繁殖も含めて)の確認ができ、この先の方針について主要な方々と打合わせができたことです。メールのやり取りではなかなかできなかった内容について、一緒に食事をすることで打ち解けながらしっかりと情報交換を行うことができました!

 そして2つ目はフンボルトペンギンの野生生息地の調査へ同行できたことです。野生のペンギンが保護された場所で繁殖していること、メトロポリタン動物園がどのような活動を行っているのかをこの目で確認できました。メトロポリタン動物園が行っている保全活動に対し海響館の支援が役立っていることをとても喜ばしく思いました。

 今後も協力関係を継続し、将来チリから野生由来のフンボルトペンギンたちが生息域外の重要繁殖地である海響館にやってくることが実現するよう、支援・交流をしていきたいと思います。

 

 

 今回の経験はこれからのペンギン村の展示やイベントなどに活かして、たくさんの情報をお伝えし、ペンギンたちのより自然な姿をみなさんに見ていただきたいと考えていますので、楽しみにしていてくださいね。

2017年03月19日