新着生き物PICK UP!

タコクラゲの展示を開始します!

 

タコクラゲ

根口クラゲ目タコクラゲ科

学名:Mastigias papua

 

傘の下に8本の付属器をもち、その姿がタコに似ていることから「タコクラゲ」と呼ばれています。体内に褐虫藻という藻類を共生させているため、体が褐色をしていますが、褐虫藻の量によって白い個体や、茶色と白のモザイク模様の個体、青い個体など、さまざまなバリエーションがあります。

水槽を泳ぐタコクラゲの可愛らしい姿を是非ご覧ください!

 

2階クラゲの世界水槽にて展示中

2017年08月25日