スタッフの視点

にょきにょき…

 

 淡水エイの仲間、ポルカドットスティングレイの尾には毒針(尾棘)があり、その針は定期的に生え変わります。

 よーく見てみると、針の根本、その下から新しい針がにょきっと顔を出しています。上にある古い針は時間が経つと根本から取れてしまいます。
(PHOTO by H.Nakashima)

 

2020年08月12日