お魚探検隊

海響館の秘密兵器

今回は、海響館の秘密兵器をご紹介したいと思います。

 

海響館のロゴ入り活魚トラックです!

以前のお魚探検隊で、「魚はどこからやってくるの?」という内容がありましたが、海響館の魚たちは、この活魚トラックに乗ってやってくることが多いです。

今回は、この活魚トラックについてご紹介いたします!

 

ポイント1:マンボウも運べます、大きな水槽!

 

運転席の後ろの部分は水槽になっています。中には2.8tの水が入り、濾過槽もついていて、水を循環させ、きれいにしながら運ぶことができます。上の写真はマンボウを運ぶための、擦れ防止のシートがついています。

 

ポイント2:快適な水温で運びます、ヒーター&クーラー!

 

ヒーター・クーラーもついていて、水温を調整することもできます。その他にポンプやブロア(ぶくぶく)もついています。

 

ポイント3:脚立まで入ります、ゆとりある収納スペース!

 

後ろには荷物を入れるスペースもあるので、網やバケツなど、いざという時のために準備をしています。

ポイント4:夜間の作業も大丈夫、作業用ライト!

夜中でも作業ができるようにライトもついています!このライトはかなりの明るさがあります!真っ暗でも大丈夫!

ポイント5:魚の様子は常にチェック、水槽内カメラ!

こちらが運転席。

水槽の中にカメラがついており、運転席から水槽の様子がわかるようになっています。

遠方に生き物を取りに行くときは、二人で行くことが多いので、今後の水槽の事や生き物の事、イベントの事など、熱く語りながら運転します。

 

運転するには中型の免許が必要です。魚チームのスタッフは皆運転できるように免許をもっています。

普段は軽自動車に乗っている私も運転しますが…重くて大きなトラックは、何度運転しても緊張します(´・ω・`) 生き物に影響がないよう、いつもドキドキしながら慎重に運転しています。

高速道路やサービスエリアなど、海響館の活魚トラックを見つけたら、ぜひこのお魚探検隊を思い出してくださいね!生き物がトラックの水槽に入っているかもしれません!

 

展示部魚類展示課 園山はるか

2017年02月20日