スタッフの視点

青い頭骨

 色を付けたのでしょ~?っと思ってしまうくらい青い色をした魚の頭の骨ですが、色は付けていないんです!漁師さんの船の活間で拾った魚の頭の骨です!!

 これは、胆汁色素の一種である緑色の「ビリベルジン」がカルシウム塩をつくり、骨に沈着したものです。身近な魚ではダツやサンマなどで稀に見られることがありますよ~!

(PHOTO by T.Kushimoto)

2018年12月13日