イルカ・アシカ情報

第237回 関門海峡にイルカ現る!

令和4年2月9日の13時頃、海響館すぐ横の唐戸港内にイルカの群れがいるとの連絡が入りました。すぐに駆け付けると、すでに港からは出ていたものの、海響館から100m~200m沖合を泳いでいるイルカの群れを確認することができました。10頭ほどの群れで、種類はミナミバンドウイルカと思われます。群れの中にはこどもと思われる小さなイルカの姿も見えました。

関門海峡にイルカが姿を現すことはとても珍しいことなのですが、2019年、2020年、2021年に関門海峡内でバンドウイルカかミナミバンドウイルカが目撃されています(時期はばらばらです)。

また姿を現すかもしれませんので、下関に来られた際には関門海峡に目を凝らしてみるのはいかがでしょうか。

※おそらく迷い込んでいるのではないので、見守ってあげましょう

2022年02月11日