イルカ・アシカ情報

第225回「密着!ひびきの1日」

 先日、NHKのテレビ番組「ウチのどうぶつえん」にてスナメリの「ひびき」が取り上げられました。スナメリたちが健康に楽しく生活できるように日々行っているトレーニングや、トレーニングが終わった後のひびきのルーティン、何度あかすりをしてもすぐに体を触ってとばかりにアピールしてくる様子など、可愛いひびきの姿を皆さんにお見せできたと思います。放送を見逃してしまった方も大丈夫です!今回はそんなひびきの1日に密着します。

 朝、給餌の前にするのはプールの掃除です。写真のように、長いブラシをプールの上から入れて、プール底の汚れを落としていきます。ブラシをプールに入れて掃除をしても、ひびきは慣れているので驚いたりせずゆったりと泳いでいます。

 この日は健康管理のひとつ、採血を行う日。見た目ではわからない体の不調を早く知ることができるので、大切な健康管理のひとつです。採血はトレーニングで行うので、ひびきには水面に仰向けに浮いてもらい、尾ビレをトレーナーに預けてもらいます。ちなみにこの日のひびきの検査結果は問題なし!でした(獣医より)。

 給餌の時間は1日3回あり、シシャモ、アジ、サンマなどを食べています。体に傷ができていないかのチェックや採血はもちろん、日々の生活が楽しいものになるよう、体を動かしたり頭を使って考えたりと色々なトレーニングをしています。

 今(2021年2月現在)は、ターゲットという棒を目印にして下の写真のように矢印の方向に回るトレーニングをしています。ゆくゆくはターゲットが無くても皆さんの近くでくるくる回れるようにトレーニングを重ねていきます。

 給餌が終わった後は遊ぶ時間です。あかすりをしてほしそうにトレーナーの近くで浮いてアピールしたり、プールで一緒に生活している「あいす」と遊んだりします。しばらくトレーナーと遊んだ後は、プールの水を口に含んで水面上に吹いたり、おもちゃとして入れているボールを頭で押して遊んだり、あいすと泳いだりしています。

 夕方、プールの照明が消えたらひびきたちはゆっくり泳いだり、浮いたりゆった~り、まった~りした動きになります。ひびきは特にプール奥で浮いていることが多いので、そこで寝ているのかもしれません。ひびき、今日も一日お疲れ様でした。ゆっくり休んでね。

 今回紹介したのは1年365日のたった1日です。ひびきが楽しく元気に生活できるように日々変化をつけて色々なトレーニングをしているので、皆さんが来館された時には、ひびきはこの日とは違う1日を過ごしています。その時は「今日のひびきは元気かな?」と観察してみてください。目の前まで遊びに来てくれるかもしれませんよ。

海獣展示課

田代 真菜

2021年02月07日