イルカ・アシカ情報

第221回「アシカの体の表面は・・・」

 イルカとアシカの共演ショー「アクアシアター」で活躍しているアシカの体の表面は、ツヤツヤしていてとても綺麗です。あまりに綺麗なのでアシカの皮膚だと思っている方が時々いらっしゃるのですが、実はアシカの体の表面には毛がびっしりと生えているんです。下の写真はカリフォルニアアシカ「アイト」の背中を毛並みに逆らって撫でてみたものです。こうしてみると毛が生えているのがよくわかりますね。

 体が乾いている時には、毛が生えていることがもっとわかりやすくなります。カリフォルニアアシカの「デイニー」で濡れている時と乾いている時を見比べてみましょう。

 毛が乾くと体の色味が変わり、毛が立つことでふわふわになるので、濡れている時ももちろんかわいいのですが、乾くとかわいさが倍増します!

 夏から秋は年に1度1~2ヶ月と長い時間をかけて全身の毛が生え変わる換毛(かんもう)の時期で、これからは新しい毛に身を包まれて体の艶(つや)が増したアシカに出会えるチャンスです。ショーの時間に登場してくるアシカですが、ショー以外の時間にステージでトレーニングをしていることがあり、皆さんの近くにやってくることもあります。そんな時は是非近づいて、アシカたちの体をよーく見てみてください。毛の質感を感じてもらえると思いますよ。

海獣展示課

郷間 春菜

2020年10月04日