イルカ・アシカ情報

第211回「アイトは元気です!」

 今回はカリフォルニアアシカの「アイト」の成長を紹介していきます。アイトが海響館へやって来たのは2011年11月で、まだ1歳5ヵ月の頃でした。それから8年が経ち今年で9歳になったアイト、まず成長したと感じるのは体の大きさです。海響館に来た時の体重は41㎏でしたが、今ではなんと159kg!!海響館にいる8頭のアシカの中で2番目に体重が重くなりました。昔の写真と比べて大きさの違いがわかるでしょうか(トレーナーは同一人物です)。

 次に成長したのは、アクアシアター(イルカとアシカの共演ショー)に出演できるようになったことです。アクアシアターでは、動物たちが持つ能力をいろいろなパフォーマンスを通して紹介しています。アイトもアクアシアターに出演できるように、トレーニングを行ってきました。アイトはトレーナーが何を求めているのかを理解するのが早く、新しいパフォーマンスのトレーニングを始めてもすぐに完成することが多いんです。でも、実はちょっと怖がりという弱点があります。アクアシアターで行うパフォーマンスの中には、リングキャッチやボールバランスといった道具を使ったものがあるのですが、トレーニングを始めたばかりのころは見慣れない道具が怖くて、道具を近づけると逃げてしまっていました。さらに、お客さんの拍手や歓声にも驚いてしまうため、ステージに出るのが精一杯でした。しかし、少しずつ道具や大きな音などに慣れさせることでリングキャッチもボールバランスも得意になり、ボールバランスをしたままポーズを決めたりもできるようになりました。

 今では毎日アクアシアターに出演し(ショーの一部分ではありますが)、お客様からたくさんの拍手や歓声をもらって大活躍です!!

 今後はアクアシアターの出演だけでなく、アイトにお似合いのお嫁さんが見つかればいいなと思っています。できれば、怖がりなところは似てほしくないですが、アイトと将来のお嫁さんに似た赤ちゃんに会えればとても嬉しいことです。

 皆さんアイトのこれからの活躍に是非ご期待下さい。

海獣展示課

牧江 智世

2019年12月23日