イルカ・アシカ情報

第208回「スイーっと」

 最近、海響館ではイルカに「スライディング」というステージの上を滑る新しい行動をトレーニングし、ショーの中でパフォーマンスとしてお見せしています。イルカたちの滑らかな体と尾鰭の使い方を感じてもらえるパフォーマンスです。但し、ショーの中でこのパフォーマンスをお見せできているのは、8頭中「パール」「アルカ」「ポート」の3頭だけ(2019年8月時点)なので、まだ毎回必ず見られるというわけではありません。また、アルカやポートはまだ現在もトレーニング進行中なんです。

 下の写真をご覧ください。

 このパフォーマンスの完成形では、Aの場所からステージに乗り上げて滑り始め、Bの場所まで滑り抜けるのですが、アルカは真ん中あたりでステージから落ちてしまうことがよくあります。

 今行っているショー「Five rules ~トレーナーの流儀~」では、動物のトレーニングの様子を紹介するセッションがあり、その中でアルカのスライディングのトレーニングをご覧いただくこともあります。ショーの中でアルカがトレーニングしているのを見た際は、是非「がんばれー」と応援してあげて下さい。

 またこのトレーニングの発展形として、2頭のイルカが並んで滑る、、、、なんてことも考えているので、トレーニングはまだまだ終わりそうにありません。

海獣展示課

原田 一孝

2019年08月25日