スタッフの視点

続編 アカモクのオス
 前回、アカモクのメスの生殖器床(卵)を紹介したので今回はオスの生殖器床を紹介します。メスと違って細く長いのが特徴で、この中には精子が入っているのです。水槽内でオスとメスのそれぞれを探してみてください。無事受精し、夏ごろ […]
2017年04月30日
詳細はこちら
アカモクの卵!!
 春は海藻の季節!!海響館の藻場水槽のアカモクをよーくみると写真のようなものが見えます。これはメスの生殖器床といってアカモクの卵がびっしりとついています。じっくり観察してみてください。 (PHOTO by T.Kushi […]
2017年04月28日
詳細はこちら
水分補給
 水中で生活しているイルカはエサの魚から水分を補給していますが、海響館では別の方法でも水分補給を行っており、そのひとつがこのゼリーです。ゼラチンと水で作ったゼリーを与えることで水分補給を行っているのです。興味本位で少し食 […]
2017年04月27日
詳細はこちら
赤と黒
 2階の熱帯雨林水槽でゆったり泳いでいるコロソマ。実は海響館ではレッドコロソマとブラックコロソマの2種類を飼育しています。よーく見ると体型や色合いが違うのですが、どっちがどっちかわかるでしょうか? (PHOTO by T […]
2017年04月15日
詳細はこちら
大人と子供?
 大きさの違うミズクラゲが同じ水槽にいて、まるで親子のよう。実はこの光景は水族館ならでは。ミズクラゲの一生は約1年で、水温の変化等で一斉に生まれ、一斉に成長していくため、自然界ではこれほど大きさの違う個体を同じ時期、同じ […]
2017年04月13日
詳細はこちら
エスコート
ネズミゴチは産卵の時に、オスがメスの体の下に胸ビレを入れてエスコートしながら泳ぎます。その様子はまるで結婚式の新郎新婦のよう。オスが背ビレを船の帆の様に立てて、メスにプロポーズする姿も一見の価値あり! 2階 沿岸砂底の生 […]
2017年04月06日
詳細はこちら
限定公開!
  3階日本海水槽にて、頭部背面の吸盤でアクリルにくっついているのはコバンザメ。 名前の由来ともなった小判型の吸盤は、彼らが普段壁やほかの生物にくっついているときは、なかなか見ることができません。彼らの気分が変 […]
2017年03月30日
詳細はこちら
この目誰の目?
 この目、実はスナメリの目です!宿直の朝の見回りの時、スナメリプールを見ると良い角度で光が射し込んでいたので写真をパチリ。すると、いつもより鮮明な目の写真を撮ることができました!!  目の中にはこんな模様があるんですね。 […]
2017年03月25日
詳細はこちら
ふわっ
皆さんが水族館などで見るアシカたちは体がつるつるしているように見えると思いますが、実は全身に毛が生えており、乾くと全身の毛が立ってふわっとした感じになります。 こちらの2枚の写真に写っているアシカは両方ともカリフォルニア […]
2017年03月18日
詳細はこちら
食べ過ぎ注意!
  フグの仲間には肋骨が無いので、エサを食べたときにお腹が膨れるのがとても分かりやすいのですが…。写真の食いしん坊ヒガンフグは、心配になるほどはち切れそうなお腹を抱えて、とても重そうに泳いでいました!でも、次の […]
2017年03月17日
詳細はこちら