フグ科

カイユウセンニンフグ

フグ目フグ科
学名:Lagocephalus suezensis

高知県や、鹿児島県に生息しているフグで、あたたかい海に生息していると考えられます。全長20cm程度にしかならないフグです。センニンフグと同じように、よく水槽内を泳ぐフグですが、砂の中に潜る事もあるという報告もあります。

シロサバフグ

フグ目フグ科
学名:Lagocephalus spadiceus
英名:Half-smooth golden puffer

鹿児島県以北の日本沿岸、東シナ海、台湾、中国沿岸に分布しています。サバのようにメタリックな体色であることから名付けられたといわれています。筋肉、皮膚、精巣は無毒とされています。全長35cm程度に成長します。産卵期は初夏で、甲殻類、貝類、小型魚類を食べます。泳ぎまわっていることが多く、小回りが利かないため小さな水槽は苦手なようです。

センニンフグ

フグ目フグ科
学名:Lagocephalus sceleratus
英名:Silver cheeked toadfish

インド洋・太平洋西部にすんでいますが、遊泳性が強く、主に外洋で生活しています。成長すると体長1mになる大型のフグです。全身に毒があるため、市場には出回りません。

クロサバフグ

フグ目フグ科
学名:Lagocephalus gloveri

北海道南部以南の太平洋側、東シナ海からインド洋に分布しています。筋肉、皮膚、精巣は無毒とされていますが、南シナ海に分布する本種の筋肉は弱毒、卵巣と肝臓は猛毒との報告もあります。全長40cm程度に成長します。甲殻類、貝類、小型魚類を食べます。シロサバフグとは異なり、海底の砂の上で休んでいることもあります。

南米汽水フグ

フグ目フグ科
学名:Colomesus psittacus
英名:Banded puffer

ブラジル、アマゾン川河口域の暖かい海にすんでいます。体長は最大で約30cmに成長します。危険がせまると風船のように膨らみます。頑丈な歯で貝類の殻を割って食べます。

ゴールデンパファー

フグ目フグ科
学名:Chonerhinos modestus

東南アジア全域、ボルネオ島、スマトラ島に分布しています。メタリックグリーンに輝く体の為、「ブロンズパッファー」とも呼ばれます。餌も良く食べ、複数飼育も容易であるため、初心者でも飼育は可能です。しかし、空腹になると互いにヒレなどを齧り合うことがあります。また、歯が伸びやすいため、伸び過ぎ防止のために、海響館では巻貝等を与えることもあります。全長は5~15cmになります。

スノーフレイクパファー

フグ目フグ科
学名:Chelonodon sp.
英名:Snow flaked puffer

近年になって日本に輸入されはじめた種で、まだ不明な点を多く持ちます。詳しい分布域は分かっていませんが、ミャンマーに分布するようです。細長い体に散りばめられた黄色い斑点が特徴です。最大全長は不明です。汽水域に生息しますが、ごく薄い塩分濃度の水域で生活しているようです。甲殻類や貝類を食べます。

オキナワフグ

フグ目フグ科
学名:Chelonodon patoca
英名:Milkspotted puffer

紀伊半島以南、インド、西太平洋熱帯域に広く分布しています。背中にある2本の黒い帯と多数の白色スポットがあるのが特徴です。オキナワフグの和名の通り、沖縄の河川の河口で数多く見られます。全長30cm程に成長し、マングローブ地帯などの汽水域や海水域で生活します。甲殻類や貝類、ゴカイなどを食べ、砂に潜る習性を持ちます。

カリノテトラオドンサリバトール

フグ目フグ科
学名:Carinotetraodon salivator

マレーシアやボルネオ島などにすんでいる、淡水フグです。現地では幅広い水域で確認されていますが、日本に搬入されることはあまりない種類です。昆虫や甲殻類を好んで食べます。成熟したオスには全身に虎模様があらわれます。

タイアカメフグ

フグ目フグ科
学名:Carinotetraodon lorteti
英名:Redeye puffer

マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム、インドネシアといった幅広い場所にすんでいて、体色には地域差が見られます。雄雌でも体色に変化があり、雄は目やヒレの赤み、体の青みがとてもきれいですが、雌は体に細かいライン模様が入り、ヒレに赤みはありません。気性が荒く、種類・雄雌に関係なく攻撃する面があります。