フグ科

ナミダフグ

フグ目フグ科
学名:Torquigener hypselogeneion
英名:Orange spotted toadfish

日本では鹿児島県でよく捕獲されるフグで、眼の下に涙を流したような模様が見られます。内臓と卵巣に毒があるといわれています。漁獲量がわずかしかないことから、詳しく調べられていません。

シッポウフグ

フグ目フグ科
学名:Torquigener brevipinnis
英名:Yellow-stripe toadfish

南日本、東シナ海からインド、西太平洋にかけて分布しています。最大10cm程度にまで成長します。甲殻類、貝類、ヒトデや小魚などを食べます。名前の由来は、体の模様が日本の伝統的な「七宝模様」に似ているからと考えられています。体側を通る黄色のラインもきれいなフグです。

ゴールドスポットパファー

フグ目フグ科
学名:未記載種のため不明
英名:未記載種のため不明

未記載種のため、謎の多いフグです。汽水域で生活していると考えられます。海響館にやってきた本種は、インド南部のケララ州で採集されましたが、その他詳しい分布域はまだわかっていません。また、どの程度まで成長するのかもわかっていませんので、飼育しながら色々な知見を得ていきたいと思います。

パオトゥリギダス

フグ目フグ科
学名:Tetraodon turigidus

タイ、カンボジア、ラオス、ベトナムに分布しています。メコン川などに生息するフグで、テトラオドン・コーチンチネンシスとよく似ています。稚魚の頃は体にオレンジ色の眼状斑がありますが、成長するにつれて消滅するので判別できます。餌などにはとても積極的な反面、気性が荒いので、海響館ではなるべく単独で飼育するようにしていますが、同じ腹から生まれた個体は複数でも飼育できるようです。繁殖は容易で、粘性沈着卵を産み、産卵後はオスが孵化まで卵を守ります。全長は5~10cmになります。

アベニーパファー

フグ目フグ科
学名:Carinotetraodon travancoricus
英名:Dwarf Puffer

インド南部、スリランカに分布し、成長しても4cm程度の世界最小のフグです。自然界では群れて生活しているため、個体同士の相性が良ければ複数での飼育も容易であるため、淡水フグの入門種として人気があり、イトメや冷凍のアカムシを与えると良く食べます。

パオスバッティー

フグ目フグ科
学名:Tetraodon suvattii

タイ、カンボジア、ラオス、ベトナムに分布しています。上向きについた口など砂に潜るのに適した体をもつフグです。基本的には砂色をしていますが、飼育環境によって多少体色を変化させることが出来るようです。水槽内では体が埋もれるほどの砂を入れやることで落ち着きます。気性は荒く、混泳させると必ずと言って良いほど、激しく争うため、海響館ではできるだけ単独で飼育するようにしています。弱アルカリ性の水質を好みます。全長は10~15cmになります。

クロスリバーパファー

フグ目フグ科
学名:Tetraodon pustulatus

ナイジェリア、カメルーンなど、アフリカの一部の川にのみ生息しており、非常に稀なフグです。成長すると150cmを超えるともいわれます。飼育下でも、80cmほどに成長しますが、口の力、泳ぐ力が強いため複雑なレイアウトで飼育するのは難しいようです。容易に餌付き、魚やザリガニなど比較的大きな餌も好んで食べます。

インドシナレオパードパファー

フグ目フグ科
学名:Tetraodon palembangensis

インドネシア、マレーシアに分布しています。その名の通り、ヒョウ柄の模様をした中型の淡水フグです。あまり泳ぎまわらずに、水槽底面や、シェルターの中に隠れている事が多く、神経質で臆病な個体が多いのが特徴です。1回で100個ほどの、球形粘着沈性卵を産み、オスが孵化まで守ります。全長は15~20cmになります。

ミドリフグ

フグ目フグ科
学名:Tetraodon nigroviridis
英名:Spotted green pufferfish

タイ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、ベトナム、中国に分布しています。黄緑色の背中に黒色のスポットを持つのが特徴で、このスポットは、個体によって数や形が様々です。全長15cm程に成長します。汽水域で生活し、甲殻類や貝類、ゴカイなどを食べます。その愛らしい表情と人懐っこさから、観賞魚としても人気があります。

テトラオドンムブ

フグ目フグ科
学名:Tetraodon mub

中央アフリカに分布しています。飼育下でも全長80cmを超える世界最大の淡水フグです。成長するにしたがい体の模様は複雑になり、尾ビレは長く美しくなります。餌に対しても非常に積極的で、ザリガニなどの大型の甲殻類も噛み砕いて食べます。また、泳ぐ力が強いため複雑なレイアウトは向いていません。丈夫なフグですが、高水温に弱い面があります。全長120cmになります。