カワハギ科

キビレカワハギ

フグ目カワハギ科
学名:Thamnaconus modestoides
英名:Modest filefish

和歌山県以南の南日本、小笠原諸島、インド洋、西部太平洋に分布しています。ウマヅラハギに似ていますが、第一背ビレの位置が異なることや、臀ビレと第二背ビレが黄色みを帯びていることから区別できます。全長35cm程度に成長します。甲殻類、ゴカイ類、貝類を食べます。

ウマヅラハギ

フグ目カワハギ科
学名:Thamnaconus modestoides
英名:Black scraper

北海道南部以南から東シナ海に分布しています。名前の由来は顔つきが馬のように見えることからきています。全長30cm程度に成長します。甲殻類、ゴカイ類、貝類を食べます。定置網や底曳網で多く漁獲されています。ユニークな漁法では大好物のクラゲをエサに利用したかご漁が山口県の瀬戸内海側で行われています。

サラサハギ

フグ目カワハギ科
学名:Thamnaconus hypargyreus
英名:Lesser-spotted leatherjacket

千葉県から豊後水道の太平洋沿岸、新潟県から九州北岸の日本海側に分布しており、貝殻や、泥のまじったようなところに生息しています。下関市でも砂泥底の海域を操業している底曳き網に小型の個体が入網する事があります。

プランヘッドファイルフィッシュ

フグ目カワハギ科
学名:Stephanolepis hispidus
英名:Planehead filefish

大西洋沿岸の暖かい海にすんでいます。最大で約27㎝まで成長します。日本で見ることができるカワハギと似ていますが、生息域が異なります。

カワハギ

フグ目カワハギ科
学名:Stephanolepis cirrhifer
英名:Thread sailfin filefish

北海道以南から東シナ海に分布しています。かたい皮の上に微細なウロコが覆っており、「皮をはいで食べること」が名前の由来になっています。全長25cm程度に成長します。産卵期は夏で、肝(肝臓)が大きくなる産卵期前は、特に刺身や鍋の材料として重宝されます。エサとなる甲殻類、ゴカイ類、貝類を探す際には、海底の砂に口から吐き出した水を吹きかけて探す行動が観察できます。

アミメハギ

フグ目カワハギ科
学名:Rudarius ercodes
英名:Whitespotted pygmy filefish

青森県以南の日本沿岸、朝鮮半島南部に分布しています。体色が海藻のような色をしており、藻場やアマモ場に生息しています。全長8cm度に成長します。産卵期は初夏から秋で、海藻に卵を産みつけます。甲殻類、ゴカイ類を食べます。下関周辺で潜ると、昼間は右往左往しながらせわしなくエサを食べていますが、夜は海藻の隙間にもぐりこみ、流されないように口で海藻をくわえて眠っている姿を見ることができます。

コクテンハギ

フグ目カワハギ科
学名:Pseudomonacanthus macrurus
英名:Strap weed filefish

マレーシアやインドネシアなどに分布しており、日本では沖縄県からのみ確認されています。これまで日本には分布していないとされてきましたが、2009年に沖縄県で捕獲されました。体には名前の通り、小さな黒い斑点があります。全長20cm程度まで大きくなります。

ハナツノハギ

フグ目カワハギ科
学名:Pseudalutarius nasicornis
英名:Rhinoceros leatherjacket

インド・西太平洋の熱帯域、日本では駿河湾以南の水深50m以浅の砂泥底にすんでいます。砂泥底の海藻が生えている所に生息し、サンゴ礁の内湾に現れることもあります。群れをつくって生活します。最大で19cmまで大きくなります。

タテジマカワハギ

フグ目カワハギ科
学名:Pervagor nigrolineatus
英名:Blacklined filefish

沖縄諸島、西太平洋域の浅いサンゴ礁に生息しています。背ビレの第2,3軟条が糸状に伸びます。またその名の通り、体側に細い縦じまが何本も入ります。体長は7cmほどにしかならない小型のカワハギです。

ヌリワケカワハギ

フグ目カワハギ科
学名:Pervagor melanocephalus
英名:Redtail filefish

慶良間諸島以南、西太平洋域に生息しています。頭は黒っぽく、体はオレンジ色のまさに“塗り分け”しているようなカワハギです。色違い(緑色)のニシキカワハギもいます。体長は7cm程度にしかなりません。