フグマニアの部屋

No,008:カラス
No,008:カラスTakifugu chinensis (Abe, 1949)      「カラス」と聞けば、皆さん「カァー、カァー」と鳴いている鳥のカラスを思い浮かべるでしょう。日本にはハシブトガ […]
2020年08月11日
詳細はこちら
No,007:アラレキンチャクフグ
No,007:アラレキンチャクフグ Canthigaster papua (Bleeker, 1848)      フグ目フグ科の中には、キタマクラ属と呼ばれるグループがあり、体が平たく、吻が尖ってお […]
2020年03月26日
詳細はこちら
No,006:サンサイフグ
No,006:サンサイフグTakifugu flavidus (Li, Wang and Wang)      2019年に海響館スタッフが萩博物館の収蔵庫を調査したところ、これまで日本沿岸で採集され […]
2020年01月09日
詳細はこちら
No,005:マンボウ
No,005:マンボウ  Mola mola (Linnaeus, 1758)      マンボウはフグ目マンボウ科に属します。日本周辺に分布するマンボウ科魚類は、マンボウの他にヤリマンボウMastu […]
2019年07月15日
詳細はこちら
No,004:イガグリフグ
No,004:イガグリフグ Cyclichthys spilostylus (Leis and Randall, 1982)      イガグリフグはフグ目ハリセンボン科メイタイシガキフグ属に属します […]
2019年05月05日
詳細はこちら
No,003:キタマクラ
No,003:キタマクラ Canthigaster rivulata (Temminck and Schlegel, 1850)      フグ目フグ科の中には、○○キンチャクフグと呼ばれるキタマクラ […]
2019年03月08日
詳細はこちら
No,002:アマミホシゾラフグ
No,002:アマミホシゾラフグ Torquigener albomaculosus Matsuura, 2014      フグ目フグ科に属するシッポウフグ属は、顎の輪郭が角張っていること、体に2本 […]
2019年01月05日
詳細はこちら
No,001:コモンフグ
No,001:コモンフグ Takifugu flavipterus Matsuura, 2017      フグ目フグ科トラフグ属に属し、昔から下関でもよく漁獲され、食用にも供されます。漁師さんは複数 […]
2018年11月26日
詳細はこちら