あくあはーつ通信

あくあはーつ通信は、海響館解説ボランティアスタッフがお届けするエッセイのページです。
vol.238 カクレンボウ?
 「カクレクマノミ」は、一時期、映画ファインディング・ニモの影響か子供達に大人気だった。今も2階のサンゴ水槽に展示されているが、関心度は当時ほどではなくなってきている。代わりに、昨年公開されたファインディング・ドリーこと […]
2017年07月28日
詳細はこちら
vol.237 古生代のタイムカプセル 再び
 開館から3度目の春 (2003年)、シーラカンスの企画展が開催された。本物のシーラカンスを見たのは初めてだった。ホルマリンの液浸標本で、40年近く経過しているためか体色は変色していた。元は暗い青で、死後、紫や褐色などに […]
2017年07月07日
詳細はこちら
vol.236  無愛想だがいやし系?
   開館当初の1階に、ずんぐりしていて、見るからに「のほほ~ん」としたフグが展示されていた。写真は2003年10月頃のもので、記憶では20~25cmほどのサイズだっただろうか。ヨリトフグで、撚糸河豚、または  […]
2017年06月23日
詳細はこちら
vol.235 フグあれこれ
 昨年の7月に比べずいぶん早いお出ましだ。台風1号が4月26日に発生したらしい。ニュースなどで台風の強さを表すのに、「猛烈な」とか、「非常に強い」などと表現される。耳で聞いている限りでは、どちらも凄い台風が来ていることは […]
2017年05月13日
詳細はこちら
vol.234 新種?:インカアザラシ
「お母さん インカアザラシがいるよ~」と男の子の大きな声。 「あれもペンギンの仲間よ」とお母さん。    学校も春休みに入り最初の日曜日のことだった。多くの子供さんも見えている。ペンギン村の入口には、村の住民( […]
2017年04月21日
詳細はこちら
Vol.233 二又?・三又か?
 魚の中には、身近な動物のイヌやネコの名前が付くものがいる。ネズミもその一つ。ネズミゴチ、ネズミギス、ネズミザメなどの他に魚ではないが、海鼠のナマコや、関門海峡で見られるスナメリもネズミイルカの仲間である。   […]
2017年03月24日
詳細はこちら
Vol.232 白と黒
   「バラは赤く(Roses are red)、スミレは青い(Violets are blue)」、イギリスのマザーグースの童謡は更に続く、「砂糖は甘く(Sugar is sweet)、そしてあなたも同じ(A […]
2017年02月23日
詳細はこちら
vol.231 おもてなし
 健康志向のためか、国内外で和食がブームになって久しい。お節を初め、七草がゆ、小豆がゆと一月は和風料理を食べる機会も多くなる季節である。海外などを旅行していて1週間も和食から遠ざかっていると無性に食べたくなることがある。 […]
2017年01月07日
詳細はこちら
vol.230 3段重 お節
   泳いでいる魚の識別は難しい。例のブリ属御三家、ブリ、ヒラマサ、カンパチは並んでおれば違いは何とかとわかるのだが単独で泳いでいると迷うことがある。 マハタとクエも当初はしばしば迷うことがあった。  年の瀬も […]
2016年12月22日
詳細はこちら
Vol.229 Happy Sixtieth
   還暦といわれても最近は昔と異なり、現役で元気な人もが多いためか、いわゆる「老人」というイメージは薄いのではないだろうか。  昭和31年11月29日に開館した下関の水族館は今年で60年、人間ならいわゆる還暦 […]
2016年11月29日
詳細はこちら