スタッフの視点

今日の推しフグ オーネイトカウフィッシュ 【ただいま休館中】

 

 イトマキフグの仲間では特に浅場にすんでおり、水深15 mの海草が繁茂している場所でよく見ることができるようです。水槽の中でも、植えてあるアマモの周りをちょろちょろと泳いでいます。成熟したオスとメスで体色が異なり、オスは斑点模様、メスは縞模様をしています。

(展示水槽:冷たい海のフグ水槽)

2021年06月15日