お知らせ

深海のイカ「サメハダホウズキイカ」を展示しています!

展示を終了しております。

 

 生きた「サメハダホウズキイカ」の展示は大変珍しく、海響館での展示も2009年以来、12年ぶりとなります。1日~数日間の展示となるかもしれませんので、チャンスは今しかありません!

 サメハダホウズキイカは眼や消化管などの体の一部を除き、全身が透き通っているのが特徴のイカです。眼の腹面には発光器を持ち胴体がホオズキのようにふくらみ、表面がさめ肌のようにザラザラしている。温熱帯の深海などに分布します。

 

期間

令和3年4月17日(土)~

 

場所

海響館2階とれとれタンク

 

種類

サメハダホウズキイカ
※生物の状態により、展示を中止することがあります。
※収集協力:株式会社黄波戸定置網生産組合

2021年04月17日