ペンギン情報

新しい仲間がやってきました―フンボルトペンギン―

 皆さん!ペンギン村にうれしいニュースがありました!周南市徳山動物園から新しいフンボルトペンギンが仲間入りしたんです!名前はキイロ(♂)とツユ(♀)です。

 

 

 フンボルトペンギンは絶滅が心配されているペンギンで、水族館や動物園では繁殖を進めながら展示しています。しかし、フンボルトペンギンはほとんどの場合毎年同じペアで繁殖するため、年を重ねると同じ血縁のペンギンが増え、繁殖を進めることができなくなります。そこで、国内ではフンボルトペンギンの血統管理が行われており、時々他の水族館や動物園から血縁関係のないペンギンを交換したり、移動したりしているのです。

 

 今回は海響館生まれのタンポポ(♂)とローズ(♀)が徳山動物園に引越し、代わりに動物園生まれのキイロ(♂)とツユ(♀)がやってきました。キイロは広場プールにいて黒・紫・青のフリッパーバンドをつけています。ツユは特別保護区にいて黒・紫・紫のバンドをつけています。まだちょっとキョロキョロして落ち着かない様子ではありますが、これから新しい環境に慣れて素敵な繁殖相手を探してほしいと思っています。皆さんキイロとツユを温かく見守ってください。

 また、お時間ある方は徳山動物園にも足を運んでタンポポ・ローズも見に行ってあげてくださいね!

 タンポポ!ローズ!新しい場所でも幸せにね!

(by 新田)

2021年11月18日