ペンギン情報

ペンギンは南極大陸だけに生息する生き物?

 「ペンギン」といえば南極大陸などの氷に覆われた寒い地域に生息しているというイメージが大変強い生き物だと思います。しかし、すべての種類が寒い地域に生息しているわけではありません。現在、ペンギンは世界に18種類いると言われていますが、その中には南アフリカやニュージーランド、赤道直下のガラパゴス諸島などに生息している種類もいます。

 海響館では屋外エリアで、南米大陸のチリやペルーといった温帯で暮らすフンボルトペンギンを見ることができます。

 また、屋内エリアでは南極大陸周辺の亜南極と呼ばれる地域(年間平均気温約6度)に暮らすキングペンギンやジェンツーペンギンなどを見ることができます。

 生息する地域によってペンギンたちの羽毛の生え方に違いがあります。温かい地域に住むフンボルトペンギンは体から熱を逃がしやすくするため、くちばし付け根の肌が裸出していますが、キングペンギンはくちばしの中間あたりまで羽毛が生えています。

 このほか足の羽毛なども違いがありますので、じっくりと観察して見つけてみてくださいね。

 

 

(by小西)

2021年10月20日