ペンギン情報

ペンギンの巣穴事情―フンボルトペンギン―

 フンボルトペンギン特別保護区には、岩盤の巣穴や石積みの巣穴、グアノ層の巣穴(鳥の糞便が堆積した層のこと)など、いくつかの形状の巣穴をたくさん用意しています。そこでよくお客様から聞かれるのが「ペンギンたちの巣は決まっているんですか?」という質問です。それに対して、「ペアで1つの巣穴を使うのですが、巣穴はそれぞれ決まっているんです。」ということと、「ペアで穴を掘り、巣材を集めて自分たち好みの巣にするんですよ。」と回答します。

 

 

 フンボルトペンギンは縄張り意識が高く、巣穴の前で見張りをしたり、鳴いてアピールをしたり・・・違うペンギンが近づいてくるとつついて追い払い、時には大喧嘩になることもあります。(隣同士のペンギンが鉢合わせになると巣穴の上でペア同士、つつき合いをしていたりする姿も見られます。)普段はのんびりしているように見えるペンギンたちも、時々そんな激しい姿を見せる時もあるんです。

 ちなみに下の写真はエサの後それぞれの巣へと帰路につくペンギンたちです。間違えることなく自分たちの巣に戻るペンギンたちはさすがです。

 

 

(by 新田)

2021年09月19日