ペンギン情報

着々と… -フンボルトペンギン-

 フンボルトペンギンがいる温帯ゾーンでは、毎年恒例の全身の羽毛が生えかわる換羽が始まっています。

 どんどんモフモフペンギンたちが増えている中で、今年の換羽1番乗りの「アモレ」は着々と終わりに近づいてきています。

 

 

 古い羽毛はもう喉のあたりしか残っていません。背中やお腹はくちばしで掻くことができるので抜けやすいのですが、くちばしが届きにくい顔まわりは古い羽毛が残りやすいのです。

 

 

 こちらの写真は同じく換羽が終わりに近いきなこです。「きなこ」も顔まわりの羽毛が残っていますね。そして、新しい羽毛がまだ伸び切っていないので全身の綿羽(羽の下に生えている綿毛状の羽)が目立ってふわふわです。

 換羽の終盤には、今回の「アモレ」や「きなこ」のように古い羽毛が残ってちょっと見た目が面白いペンギンたちがいますので、そんなところも楽しんで見てくださいね。

 

(by 新田)

2021年07月18日