ペンギン情報

換羽が始まりました! ーフンボルトペンギンー

 屋外で暮らすフンボルトペンギンたちの換羽が始まりました。今年1番乗りで換羽が始まったのが、フンボルトペンギン特別保護区で暮らしている「アモレ」です。換羽は1年に1度、全身の羽毛を生え変わらせるペンギンにとってはとても重要なものです。換羽中は羽毛の防水・防寒機能がなくなります。野生のペンギンは海に入ることができずエサを獲れなくなるため、換羽中の約2週間は絶食状態が続きます。そのためペンギンたちは換羽を迎える前に必要なエネルギーを蓄えなくてはいけません。普段は1日500g程度の魚を食べているのですが、換羽が近づくと倍近く食べることもあり、換羽が始まる頃には体重が平均の1.5倍ほどになります。

 

 

 体重が増えて丸々とした体形の上に、新しい羽毛が古い羽毛を下から押し上げてくるため、換羽中のペンギンは丸っこくてモコモコしており、ぬいぐるみのようにも見えますね(この後ボサボサになりますが・・・)。このような姿が見られるのは夏の時期だけなので、皆さん是非換羽中のペンギンたちに会いに来てくださいね。

 

(by小西)

2021年07月12日