ペンギン情報

たくさんの人工芝を使います ―亜南極ゾーン―

 毎年、この時期になると小さく切った人工芝をたくさん使います。青いかごにもりもりに入った人工芝を…

 

 

 

 ばさっ!とばらまきます。正直、掃除の邪魔になるのですが、ペンギンたちは夢中になってこの人工芝を気に入った場所にどんどん運び、巣作りをするのです。

 この日、1番忙しなく巣材を運んでいたのはミナミイワトビペンギンの「ジョニー(♂)」でした。

 

 

※画像をクリックすると海響館Facebookページの動画が流れます

 

 

※画像をクリックすると海響館Facebookページの動画が流れます 

 

亜南極ゾーンを見る時に、「ここに人工芝がたくさん集まっている」、「巣材を持っているけどこのペンギンの巣はどこかな?」そんなふうに、この繁殖期のペンギンたちを見ていると面白いかもしれません。

 

 

(by 井上美紀)

2021年04月10日