ペンギン情報

みんな違ってみんないい ―フンボルトペンギン―

 フンボルトペンギンは只今繁殖期真っ盛りです。最近は日中でもペアでいるペンギンが沢山見られます。ペアというとだいたいどちらかがメスでどちらかがオスということになるのですが(例外もあります)、実はペンギンでは見た目の違いがはっきりとしていません。その中でもフンボルトペンギンは、オスとメスの違いがわかりやすい方で、オスは体が大きくてくちばしも太く、おでこのあたりが角ばっているのに比べ、メスは全体的に小柄でくちばしは細く、おでこの辺りは丸っこくなっています。では皆さん、次の写真を見てこの2羽のペンギンがオスかメスか考えて見てください。

 

 正解は・・・・・実は2羽ともオスでした!やはり、オスとメスの違いは小さく、ヒトの体格がそれぞれ違うように、ペンギンも体格が大きかったり小さかったりすることがあるので、外見だけで確実に見分けることは難しいのです。ちなみに左が小柄なオスのアポロで、右が大柄なオスのアモレです。ということで、皆さんが海響館でペンギンのオスとメスを知りたいと思った時、展示スタッフが近くにいれば気軽に聞いてください。

 

 

 ちょっと余談ですが、よーく観察していくと体格や体形など外見の違いだけではなく一羽一羽の個性の違いも分かってきます。みんな違ってみんないいのです。ということで、是非フンボルトペンギン一羽一羽をじっくり観察してみてください。皆さん自身の推しフンボルトペンギンが見つかるかもしれませんよ。

 

(by 新田)

2021年02月23日