スタッフの視点

水草とカラシン

「水草とカラシン」アマゾン川にはカラシン目というグループの魚がいます。皆さんの馴染みのある魚ではピラニアでしょうか。海響館には大型のカラシンの仲間でコロソマと呼ばれている魚もいますが、小型の種も多く展示しています。水草の間を行きかうカラシンの仲間たち。日本にはいませんが、日本の淡水魚とは一味違った輝きを見せてくれます。

下関市立しものせき水族館「海響館」さんの投稿 2020年3月25日水曜日

 

 アマゾン川にはカラシン目というグループの魚がいます。皆さんの馴染みのある魚ではピラニアでしょうか。海響館には大型のカラシンの仲間でコロソマと呼ばれている魚もいますが、小型の種も多く展示しています。

 水草の間を行きかうカラシンの仲間たち。日本にはいませんが、日本の淡水魚とは一味違った輝きを見せてくれます。

(MOVIE by T.Sonoyama)

2020年03月26日