スタッフの視点

変わった守り方

 

 ヒョウモンダコが最近エサを食べなくなったなー、と思っていたある日、水槽の隅で腕をめくりあげてじっとしていました。よーく見ると腕の隙間から卵が!何と腕と腕の間の膜の中で卵を守っていたのです。

 タコの産卵と言えば、マダコがタコ壺の中に産み付けた藤の花のような卵を守っているイメージが強かったので、その変わった守り方にビックリしました。

(PHOTO by M.Ishibashi)

2020年06月06日