お知らせ

若返る!? 敬老の日に合わせてニホンベニクラゲを展示します

 

 敬老の日に合わせて、「若返り」をすることがあるニホンベニクラゲの展示を始めます。

 一般的にクラゲの寿命は1年程度といわれます。しかしニホンベニクラゲは、成熟したクラゲが衰弱し、通常なら溶けてしまうところをクラゲの前段階である、イソギンチャクのようなポリプに戻る、つまり「若返る」ことができるのです。うまくいけばその遺伝子は永遠に生き続けることができるのかもしれません。

 傘径が1cmにも満たない小さなニホンベニクラゲを見て、人類の夢ともいえる永遠の命に思いを馳せてみませんか?

 

期間

令和2年9月20日(日)~

 

場所

2階 クラゲの仲間

 

種類

ニホンベニクラゲ Turritopsis sp. 1

 

※生物の状態により、展示を中止する事があります。

※九十九島水族館海きららにご協力いただきました。

2020年09月16日