ペンギン情報

おとなの羽毛へ・・・ ーフンボルトペンギンー

 温帯ゾーンの広場プールにいるフンボルトペンギン “ライム”の換羽がスタートしました!!

 ライムは昨年の12月24日にふ化したこども(亜成鳥)のペンギンで、まだ顔や胸に模様がありません。この換羽が終わるとおとな(成鳥)と同じ模様の羽毛へと生え変わり、おとなのペンギンへと近づきます。
※成鳥になるまでのペンギンは亜成鳥と呼ばれます。

 では、模様がどう変わるのかというと・・・

 

 

 どうでしょう。全く違いますね。違う種類のペンギンと思われることもあるほどです。顔の模様が大きく違い、おとなの胸あたりにあるバンド状の模様がこどものペンギンにはありません。

 そして、こちらは現在換羽中のライムです。

 

 古い羽毛が新しい羽毛に押し出されるようにして抜けていくので、ぼさぼさしています。また、換羽に必要なエネルギーを蓄えるために、換羽前にエサをたくさん食べて太るので、なんだかぬいぐるみのようにかわいらしいですよね(笑)。

※換羽中は水に入ることができず野生ではエサをとることができません。

 こどもの姿のライムが見られなくなってしまうのは寂しいですが、これから立派なおとなのペンギンになっていくのを楽しみにしています。

(by 有馬)

2020年10月09日