ペンギン情報

今年も始まっています -フンボルトペンギン-

 フンボルトペンギンがいる温帯ゾーンでは、現在写真のように羽毛がボサボサしているペンギンの姿が見られます。

 

 

 

 

 これは毎年恒例の換羽(かんう)です。換羽とは羽毛が生えかわることをいい、ペンギンたちは毎年1年に1回この時期を迎えます。ちなみに写真は特別保護区にいるアモレ(♂)です。徐々におなかのあたりから羽毛が抜けていっているのが分かると思います。下から新しい羽毛が伸びてきて、古い羽毛が押し出されるようにして抜けていきます。そして、約2週間かけて全身の羽毛が新しい羽毛へと生えかわるのです。羽毛がボサボサしているこの2週間の間、ペンギンたちは基本的に泳がずエサも食べません。エサがもらえていないと心配されるお客様もいらっしゃいますが、この時期は食べなくて大丈夫なので心配しないでくださいね。ちなみに換羽に入る前は栄養を蓄えるためにいつもよりたくさんエサを食べて太っていますよ。

 そして今の時期にしか見られないペンギンの一部分。それがこれです。

 

 

 これはどこかというと…

 

 

 実はお尻のあたりにある尾脂腺(びしせん)と呼ばれる器官です。ここからペンギンはくちばしで油をとって全身に塗って羽毛のお手入れをしているんですよ。換羽の最中が尾脂腺を見ることができるチャンスですので、是非この機会にペンギンをじっくり観察してみてくださいね。

 

(by 新田)

2020年07月24日