ペンギン情報

ペンギン村亜南極ゾーンでジェンツーペンギンのヒナがふ化しました!

 

 

 

 臨時休館中の海響館からうれしいニュースです。今年3月に10周年を迎えたペンギン村で記念すべきジェンツーペンギンのヒナが誕生しました。

 今年の4月30日に産卵が確認され、親鳥が交代で卵を温め続けて39日目、6月8日に無事にふ化を確認しました。その日のヒナの体重は100g程度と手のひらにおさまる小さな体でしたが、親鳥から口移しでエサをもらいながらすくすくと育っており、6月13日現在で、およそ300gまで成長しています。

 今後は海響館ホームページや公式インスタグラム、フェイスブックでヒナの成長を紹介していきますので、是非ご覧ください。

 

場所

海響館 ペンギン村亜南極ゾーン1階

 

ヒナについて
ふ化日:6月8日
ふ化時の体重:103.8g

 

※ヒナが小さなうちは、親鳥の抱き方によってご覧いただけない場合があります。
※生物の状態により、展示を中止する事があります。

 

Instagramの海響館公式アカウント:https://www.instagram.com/shimonoseki_aquarium_kaikyokan/
Facebookの海響館公式アカウント:

下関市立しものせき水族館「海響館」https://www.facebook.com/kaikyokan/

2020年06月14日