スタッフの視点

金子みすゞの詩に出てくる生き物

 

 下関にゆかりのある詩人「金子みすゞ」さんはいくつもの詩を世に残しています。その中には、海の生き物も多く出ていきます。このツキヒガイもその一つです。二枚貝の仲間で二枚の殻は全く色が異なります。

 海響館では「海響館と巡る“みすゞ”が見た海の世界」のイベントを予定しています。

 詳しくはhttp://www.kaikyokan.com/kaikyokantomeguru2019/

 皆様のご参加お待ちしています!

(PHOTO by T.Sonoyama)

2019年09月07日