ペンギン情報

体重が500gを越えました ―フンボルトペンギン―

 昨年の12月24日にフンボルトペンギン特別保護区でふ化したヒナは、現在元気にすくすくと育っています。ふ化して14日齢の体重は507gでした。ふ化した時は77gだったので2週間で430gも体重が増え、体重測定用のザルにぎりぎり入るくらいまで大きくなっています。

 ヒナの成長は早く、はじめは閉じていた目も14日目には開いており、外も見えているようです。そして、親鳥のお腹の下に隠れていてほとんど見られませんでしたが、今では親鳥のお腹からはみ出ている時もあります。

 観覧通路からは少し見えづらい巣穴なのですが、ヒナマークの看板がある巣穴を是非のぞいてみてください。タイミングが良ければヒナの姿が見られるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

(by 新田)

2020年01月16日