ペンギン情報

繁殖期がやってきました -フンボルトペンギン―

 フンボルトペンギンは秋と春に繁殖期のピークを迎えます。フンボルトペンギン特別保護区でも徐々に巣作りをするペンギンの姿が確認できるようになってきました。今日はバナナ(♂)が必死に特別保護区に落ちているパンパスグラス(南米原産のススキの仲間)の葉を拾って巣材として自分の巣に運んでいました。これからこのような繁殖期特有の行動が増えてくると思います。

 

 

現在、ペンギンレンジャーのテーマも “ペンギンの気持ちを探る”になっています。繁殖期特有の行動を観察してペンギンたちがどんな気持ちで行動しているのかスタッフと一緒に考えてみましょう!レンジャーへの参加をお待ちしております(A、B、Sスケジュールで実施、事前予約制、人数制限あり)。

(by 新田)

2019年11月03日