ペンギン情報

巣立ちを迎えました! ―フンボルトペンギン―

 

 

 フンボルトペンギンはふ化してから約3ヶ月で巣立ちを迎えます。昨年の12月にフンボルトペンギン特別保護区とふれあい広場それぞれのエリアでふ化した2羽のヒナが、ついに巣立ちを迎えることとなりました。

 今までは親鳥からの吐き戻しのエサをもらいながら成長してきましたが、巣立ちを迎えると自分自身でエサを食べていかなければなりません。そこで、独り立ちするため親鳥がいない別の場所(広場プール)へと引っ越ししました!今は広場プールに引っ越ししたばかりでまだまだ不安そうな2羽ですが、これは巣立ちをするために必要なことなのです!早く新しい環境に慣れてもらって、自分からエサを食べる姿が見られるようになればいいなと思います。広場プールで他のペンギンとは模様と色が違うペンギンを見つけたら、成鳥への一歩を歩み始めた2羽のペンギンです。是非、温かく見守ってあげてください。

 

 

 

 

(by 新田)

2019年03月12日