ペンギン情報

家族一緒に ―フンボルトペンギン―

 フンボルトペンギン特別保護区の3羽のヒナたちはみんな元気に成長中です。そして、1番目にふ化したヒナが、ついに親鳥と一緒に巣穴の外に出てくるようになりました!ふ化してから40日目を越えたところで、体重は2kgを越えました。観覧側からもしっかり姿が見えており、かなり大きくなっているのがわかります。

 

 

 外に出てきたヒナは、外に興味があるようできょろきょろしています。その横には親鳥がしっかりヒナを守りながら寄り添っています。今回は素敵な家族写真が撮れました。

 

 

 

 

 まだ、巣の横にいるだけですが、もう少しすればきっと巣穴の周りをウロウロ歩く姿も見ることができるようになるでしょう。

 ヒナが巣穴の外に出てくる可能性が高い時間帯は人通りが少なくなってくる夕方です。閉館間際がおすすめの時間ですので、保護区に来てみて下さいね。

 

(by 新田)

2018年05月29日