ペンギン情報

子育ての仕方 ―イワトビペンギン―

 亜南極ゾーンのイワトビペンギンのヒナは、成長と共に行動範囲が広くなり、最近では1羽で巣の周りをウロウロと歩き回っています。親鳥たちはヒナのことが心配な時にはぴったりとくっついていますが、そうでもない時は写真のように少し離れたところから見守っています。そんな子育ての光景を見ていると、何だか私たちスタッフも優しい気持ちに包まれました。

 「ヒナが無事に巣立つまで、あなたたち親子をしっかり見守っていくからね。」by ペンギン担当スタッフ

 

 

 

(by 出来)

2018年07月17日